札幌駅前しきしま乳腺外科クリニックのブログ
by ssb-c
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 07月
2017年 05月
2016年 10月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
乳がん市民公開講座を終えて
at 2018-04-30 21:28
乳がん市民公開講座
at 2018-04-01 12:03
北海道の病院
at 2018-03-18 22:36
北海道新聞オントナ投稿
at 2018-02-04 18:27
新年を迎えて
at 2018-01-04 23:32
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 48 )

乳がん市民公開講座を終えて

乳がん市民公開講座を421日(土)の午後4時からJRタワー札幌プラニスホールで行いました。当日は100名近い方が出席され、まず乳がんに関する講演、1)乳がんホルモン療法の副作用とその対策、2)乳がん手術後の生活:これはいい?これはダメ?、を行いました。小休止の後、希望された方は会場に残っていただき、いくつかのグループに分かれ交流、親睦を深められました。会は、大変盛会となり予定時刻を延長し午後6時前に終了しました。会に参加して良かったといった声を多くいただき、こういった会の意義、必要性をあらためて実感しています。今後も継続していきたいと思います。参加された方、お疲れ様でした、そしてどうもありがとうございました。

d0225752_21272799.jpg


[PR]
by ssb-c | 2018-04-30 21:28

乳がん市民公開講座

札幌駅前しきしま乳腺外科クリニック、乳がん市民公開講座を421日(土、午後4時から午後530分)にJRタワー札幌プラニスホールで行います。乳がんに関する講演を行い今後の生活に活かすこと、また患者さん同士が交流を深める場になればと思っています。興味のある多くの方の参加をお待ちしております。


d0225752_12011261.jpg




[PR]
by ssb-c | 2018-04-01 12:03

北海道の病院

北海道新聞から発行された「北海道の病院」に札幌駅前しきしま乳腺外科クリニックが掲載されました。d0225752_22251822.jpg
[PR]
by ssb-c | 2018-03-18 22:36

北海道新聞オントナ投稿

d0225752_18185455.jpg
 2018年1月24日、北海道新聞オントナに「乳がんにかかりやすい人とは」のタイトルで掲載されました。参考にしていただければと思います。
 
乳がんにかかりやすい人とは

 乳がんは年々増加し、日本人女性が最も多くかかるがんとなり、11人にひとりが乳がんになると云われています。30代から増加し40代後半でピークを迎え5060代が最も多くかかります。70代から減少しますが高齢でも多くの方が乳がんに罹患します。

 それではどういった人が乳がんを発症しやすいのでしょうか?閉経後の肥満は高血圧など生活習慣病のリスクも高めるだけでなく、乳がんの危険性も確実に高めます。アルコールの摂取と喫煙は乳がん発症の危険性を高めるのはほぼ確実です。アルコールは摂取量が増えるほど危険性が高くなり、喫煙は乳がんだけでなく肺癌など他の癌の危険因子になるだけでなく、脳卒中や心筋梗塞といった循環器疾患など他の多くの病気の原因となります。最近問題になっている受動喫煙のこともあり喫煙している方は禁煙するようにしましょう。大豆食品を多くとることで乳がん発症が低下する可能性はありますが、サプリメント摂取による予防効果は認められず、サプリメントは勧められません。また乳製品を多くとることで乳がんにかかりやすくなることはありません。

 出産や授乳の経験のない方が乳がんを発症しやすいのは確実です。また更年期障害の治療に行うホルモン補充療法や経口避妊薬により乳がんの危険性はわずかですが高くなります。家系内に乳がんの患者さんがいる女性は乳がんの危険性は高くなり、親や姉妹が乳がんだとその危険性は2倍以上となります。しかし親や姉妹が乳がんであれば必ずしも乳がんになるわけではなく、いわゆる遺伝性の乳がんは全体の510%といわれています。

 乳がんは早期発見、早期治療により治る病気です。早期発見のためにはセルフチェックにより乳がんの症状で最も多い硬いしこりが触れないか確認すること、しこりなど異常を自覚したら早めに専門医を受診すること、そして積極的に乳がん検診を受けることが大切です。特にこれまで述べたような危険性の高い方は定期的な乳がん検診を受けることをお勧めします。



[PR]
by ssb-c | 2018-02-04 18:27

新年を迎えて

 本日、1月4日(木)から診療を開始しました。
患者さんにとって最善の医療を提供できるようスタッフ全員で取り組んでいきたいと気持ちを新たにしています。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
by ssb-c | 2018-01-04 23:32

日本総合医学会第11回北海道大会

 
d0225752_22573875.jpg
先日、日本健康医学会第11回北海道地方会に参加してきました。健康のための食事や笑いの効能などについての講演を聞いてきました。健康を維持する、病気の快復のための食事の重要性などを学びました。日常生活、食生活など普段の生活において健康にいいこと、悪いことなどまだまだ学ぶべき点があると思います。これからもこういった会に積極的に参加し健康に関する情報、知識を吸収し、いいものは患者さんに還元できればと思います。  
[PR]
by ssb-c | 2017-12-07 22:59

日本乳がん検診学会

 11月10日(金)、11日(土)の2日間、徳島で開催された日本乳癌検診学会に参加してきました。今回は35才未満発症の若年性乳癌について発表してきました。また最近、話題になっていますマンモグラフィー検診における高濃度乳房の問題や、エコー検診の有用性などについて学んできました。この間、クリニックは休診となりご迷惑をおかけしたこともあるかと思いますが、学会で得た新たな情報や知見を今後の日常診療に生かしていければと思います。
d0225752_1445887.jpg

[PR]
by ssb-c | 2017-11-19 14:05

日本乳がん学会

 7月13日(木)、14日(金)、15日(土)の3日間、福岡での日本乳癌学会に参加してきました。乳がんの診断から手術・薬物療法まで多くのことを学んできました。早速、明日からの診療に生かしていきたいと思います。d0225752_14365332.jpg
[PR]
by ssb-c | 2017-07-17 14:38

乳房の気になる症状

d0225752_1114160.jpg
「乳房の期になる症状」
と題し北海道新聞オントナに投稿しました。

乳腺科を受診される方の多い症状から考えられる疾患などについてお話ししたいと思います。
 まず最も多いのが張り感、違和感なども含めた乳房の痛みです。乳腺は、生理前など多くの方が経験するように、女性ホルモンの刺激により多少は痛むものです。乳房痛の多くはホルモン環境の変化や女性ホルモンのアンバランスによる乳腺組織の局所的な浮腫が原因と考えられています。したがって痛みだけで受診された方で、腫瘍など異常が発見されることは多くはありません。しかし発赤や熱感を伴う痛みは乳腺炎や乳輪下膿瘍などの可能性があります。また長く継続する痛み、硬さを伴う場合などは腫瘍が隠れていることもあり専門医を受診した方がいいでしょう。
次に多いのが、乳房のしこりです。しこり=腫瘍のこともあり、乳がんの可能性があります。ただ、しこりで受診された方が乳がんである確率はそれほど高くありません。袋のなかに水がたまっている嚢胞や、良性腫瘍の代表である線維腺腫など多くは良性です。また乳腺そのものをしこりと感じ来院される方も少なくありません。しこりがあるからといってあまり心配しないで専門医を受診し、しっかり診断することが重要です。
また乳頭分泌や乳頭のただれもあります。授乳中でないのに乳頭からつゆが出るのは正常ではなく乳頭異常分泌と言われます。多くはミルク様でホルモンのアンバランスから生じるものですが、血液混じりになると腫瘍が隠れている可能性があり検査が必要です。乳頭のただれはその多くが皮膚の炎症ですが、乳癌の兆候であることもあり注意が必要です。
最も残念なことは、症状があったのになかなか受診されず、受診された時にはすでに進行した乳癌であった場合です。しこりや痛み、乳頭分泌や乳頭のただれは当然ですが、何か気になることがあれば早めに専門医を受診して下さい。診察、検査の結果何でもないことを確認し早く安心していただければと思います。また万が一乳がんであったとしても早期発見、早期治療につながり、治癒が期待できるからです。
[PR]
by ssb-c | 2017-05-21 11:15

北海道新聞オントナ

 北海道新聞、オントナに乳がん検診に関する記事が掲載されました。
d0225752_22244143.jpg

乳がんは年々増加し日本人女性が最も多くかかるがんとなり、今や12人にひとりが乳がんになるといわれています。社会生活や食生活の欧米化により今後益々増えることが予想されます。乳がんは30代から増加し40代後半から50代前半でピークをむかえ、70代前半までが最もかかりやすい年代となっています。子育てや仕事など、家庭や職場で大きな役割を担っている比較的若い世代に発症することでマスコミにも取り上げられ、大きな社会問題になる要因となっています。
日本の乳がん検診の受診率は20%と、欧米諸外国の70%と比較して極めて低く、死亡率増加の一因となっています。以前は触診のみだった乳がん検診は死亡率減少効果がないことから、現在ではマンモグラフィー検診が勧められています。超音波検査も乳がんの診断には有効でマンモグラフィーと併用することでより効果的な検診が期待できます。すなわちマンモグラフィーではわからずエコーでのみ発見される乳がんが存在するからです。医療機器や診断技術の進歩もあり、検診の精度は格段に良くなっており、症状の全くない検診発見乳がん=早期乳がんも着実に増えています。30才を過ぎたら、症状がなくても一度は乳がん検診を受けてください。特に家族に乳がん患者がいる、出産、授乳の経験がない、閉経後の肥満など乳がんにかかりやすい人は注意が必要です。
乳がん死減少に向けた乳がん検診受診率向上のため、厚生労働省も女性特有のがん検診推進事業として検診の無料クーポンと検診手帳を直接配布しています。今年も7月以降に対象の方に無料クーポン券が既に配布されています。しかしこの無料クーポンを利用した検診受診率でさえ30%とまだまだ低いのが現状です。無料クーポンが送られてきた方は、この機会を無駄にしないよう乳がん検診を受けられることをお勧めします。
[PR]
by ssb-c | 2016-10-01 22:27